展示案内

シスメックスコレクション 生誕90年・没後10年 西村 功 パリの情景

パリに魅せられた洋画家・西村功(1923-2003)の生誕90年・没後10年に際し、その画業を振り返る展覧会を開催いたします。

西村は1923年に大阪市に生まれました。3歳の時に悪性の中耳炎のため聴覚を失いましたが、17歳で大阪府立聾口話学校中等部の美術教師・神山恒に師事し、中之島洋画研究所にて洋画を学びました。1943年に帝国美術専門学校(現武蔵野美術大学)に入学。在学中は夏期休暇を利用して坂本繁二郎に教えを乞うなど、研鑽を積みます。卒業後は関西に戻り田村孝之介に師事。聾学校で教鞭を執る傍ら、二紀会を主な発表の場として制作活動を行いました。

あるとき、佐伯祐三の「郵便配達夫」に感銘を受けた西村は、友人から借りた赤帽を被り自画像を描くようになり、これらがのちに「赤帽シリーズ」として知られるようになります。そして「赤帽」から連想される「駅」をテーマとする作品を次々と発表しました。

1966年には「ベンチの人びと」(東京国立近代美術館蔵)で第9回安井賞を受賞。1970年に初めて渡欧した後は、頻繁にパリを訪れパリの街景を多く描き、とりわけメトロの駅やそこに行き交う人々を題材にした画を固有のフォルムで描き続けました。

また、西村は1971年より神戸市東灘区にアトリエを構え、神戸の街と人をこよなく愛し、描いた画家でもありました。1982年には神戸市文化賞受賞、1988年には兵庫県文化賞を受賞、1995年には神戸新聞平和賞を受賞しています。

本展覧会では、西村功コレクションで知られるシスメックス株式会社のご協力を得て、独特の人間スケッチでパリの人々が織りなす日常の機微を、メトロの駅や街景をモチーフにして詩情豊かに描いた油彩画や水彩画、デッサンなどでご紹介し、長年に亘る画業に迫ります。

 

nishimuraisao

会期 2013/06/15(土) ~ 2013/09/01(日)
開場時間・休館日 時間:午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
入館料 一般300(240)円/大学生・専門学生以下無料
(65歳以上の方・障がいのある方とその付添いの方1名は半額 ※( )内は20名以上の団体料金)
7月7日(日)は開館記念日のため、入館無料
開催者 主催:株式会社シマブンコーポレーション・BBプラザ美術館
後援:神戸市・神戸市教育委員会・朝日新聞神戸総局・神戸新聞社・産経新聞社・日本経済新聞社神戸支社・毎日新聞社・ 読売新聞神戸総局・サンテレビジョン・ラジオ関西・株式会社神戸っ子出版
協力:シスメックス株式会社・ギャラリー島田・神戸ゆかりの美術館
関連プログラム・
イベント

ミュージアムコンサート vol.5 彩 愛玲 ハープの調べ―〈西村功 パリの情景〉に寄せて―

日  時: 2013年6月30日(日)14:00開演 (開場:13:30)
場  所: BBプラザ美術館展示室
入場料: 2000円(観覧料・記念品を含む)/全席自由
定  員: 100名
チケットのご予約・お問合せ: メール、FAX、またはお電話にてお申込みください。
メール:bbp_museum1@shimabun.co.jp
FAX:078-802-9287/TEL:078-802-7706
※当日12:30から13:30は会場準備のため作品が観覧できませんので、ご了承ください。
その他 記念講演会 「〈駅・人生・パリ〉を描いた西村 功を偲んで」

講 師: 西村久美子氏(西村功夫人)・西村泰利氏(西村功長男)・島田誠(ギ                                                                             ャラリー島田代表)                                                                         司 会: 坂上義太郎(当館顧問)                                              日 時: 2013年7月7日(日)14:00~15:30(13:30開場)                                                    場 所: BBプラザ4F/シマブンホール 定員80名・先着順・聴講無料


西村功画伯の生前の懐かしい写真や作品紹介を交えながら、西村画伯の人と作品について、三人の近しい方々に想い出を語っていただきます。貴重なお話をお聞きいただける絶好の機会です。