展示案内

ニャンニャンカーニバル たにかわ・こういち絵本原画展

画家で分筆家、そして絵本作家でもある谷川晃一(1938-)。本展では、表現方法の枠にとらわれず、多彩な制作活動を続けている谷川の絵本制作に注目し、その軽妙で温かい眼差しの原画の世界をご紹介いたします。
遊び心が満載の谷川の絵本は〈万物のいろとかたち〉が躍動する不思議な世界に、ことばの魔術が添えられています。有機的な線とかたちと鮮明な色で表現されたキャラクターたちは、谷川独特のユーモアも加わり、私たちに純粋に絵を描く楽しさを目覚めさせてくれます。
『ウラパン・オコサ』では、絵とことばを巧みにあやつり、『うたが きこえる』のパステルを使った原画は、耳を澄まして聞き入ってしまうような静かな奥行きが感じられ、画家の人間味あふれる遊び心に魅せられます。時に、私 たちが脱帽してしまうオチやダジャレには、絵本だからこそ表現可能な‘絵とことばの融合’から生まれる、直球のようでカーブの効いたユーモアをふんだんに 披露しています。
谷川の自由で瑞々しい感性から繰り出される絵本原画の世界に、子どもたちには素直に呼応し、むかし子どもだった大人は、現代社会の中で抱える日々の緊張を解きほぐすような心地よい刺激を受けられることでしょう。
谷川が生み出したお月さまや、うさぎさん、とりさん、そして、たくさんのユニークなニャンニャンたちが、皆さんをお迎えいたします。

koichi_tanikawa

会期 2012/07/21(土) ~ 2012/09/23(日)
開場時間・休館日 開館時間:午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
入館料 一般300(240)円/大学生・専門学生以下無料
(65歳以上の方・障がいのある方とその付添いの方1名は半額 ※( )内は20名以上の団体料金)
開催者 主催:BBプラザ美術館、株式会社シマブンコーポレーション
協力:南庭工房
後援:神戸市、神戸市教育委員会、朝日新聞神戸総局、神戸新聞社、産経新聞社、日本経済新聞社神戸支社、毎日新聞社、読売新聞神戸総局、 サンテレビジョン、ラジオ関西、偕成社、教育画劇、ジャパンアート、童心社、ビリケン出版、福音館書店、光村教育図書
関連プログラム・
イベント

ワークショップ「小石えほんをつくろう!」

講師: 谷川晃一(たにかわ こういち)
日時: 2012年8月18日(土) 14:00~16:00
場所: BBプラザ2F 美術館エントランス
定員: 20名(対象:主に小学校低学年)
参加料: 500円(入館料、材料費込)
申込締切: 7月20日(金)(当日消印有効)
申込方法: お名前(ふりがな)、年齢(学年)、郵便番号、住所、電話番号を明記の上、FAX、メール、ハガキにて下記までお申込みください。ご兄弟、お友達グループの場合は、1通にまとめて申込ができます。
※応募者多数の場合は抽選。参加決定者には後日、ハガキでお知らせします。

〈BBプラザ美術館ワークショップ係〉
〒657-0845 神戸市灘区岩屋中町4-2-7 BBプラザ2F
FAX:078-802-9287 メール:bbp_museum2@shimabun.co.jp