展示案内

開館10周年記念 イラストレーター・灘本唯人の全貌 ―男と女のレシピ―

この度、BBプラザ美術館では開館10周年を記念し「イラストレーター・灘本唯人の全貌 ―男と女のレシピ―」と題し、日本のイラストレーションの先頭を走り続けた灘本唯人(なだもとただひと)(1926-2016)を紹介する展覧会を開催いたします。
1960~70年代、戦後いち早くグラフィックデザインを普及させた亀倉雄策、早川良雄らの活躍により、街にグラフィックデザインの広告が溢れる時代の中で、灘本唯人は独特のデフォルメと、ユニークで人間味溢れるイラストレーションによるデザインにより、一躍時代の寵児となります。特に、人物の風姿表現においては、その優れた色彩感覚、造形感覚による、自由奔放でユーモアあふれる描写で定評を得ていました。仕事は、企業広告、イベントポスターのデザイン、小説の装丁、雑誌の表紙絵や絵本にいたるまで多岐にわたります。洗練された洒脱で流麗な線・艶っぽい色彩で描かれたイラストレーションは、誰もが一度は目にしたことあるでしょう。
本展は、初期から晩年までの作品を展開し、イラストレーションの重鎮として残した灘本の足跡と、時代を超越して我々を魅了したイラストレーションを紹介いたします。BBプラザ美術館初のイラストレーターの個展であり、作家出身の地、神戸で変幻自在の画業を振り返ります。

HP用キャプション

会期 2019/07/02(火) ~ 2019/09/16(月)
開場時間・休館日 ■開館時間:午前10時 ~ 午後6時(入館は午後5時30分まで)

■休 館 日:月曜日 (月曜祝日の場合は翌日)

※7月2日(火)は午後12時~開館 (関係者開会式・内覧会:午前10時30分~) 

 


-二期に分けて開催致します-


【前期】7月2日(火)-8月4日(日)【後期】8月6日(火)-9月16日(月・祝)

入館料 ■入場料:一般 400(320)円/大学生以下無料/65歳以上の方、障がいのある方とその付添いの方1名は半額 ※()内は20名以上の団体料金

※ 7/7(日)は開館記念日として入場無料

 
開催者 ■主催:BBプラザ美術館・株式会社シマブンコーポレーション

■協力:一般社団法人東京イラストレーターズ・ソサエティ・株式会社玄光社

■後援:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、神戸芸術工科大学、神戸市、神戸市教育委員会、朝日新聞神戸総局、神戸新聞社、産経新聞、毎日新聞神戸支局、読売新聞神戸総局、サンテレビジョン、ラジオ関西
関連プログラム・
イベント
ワークショップ『夏休み イラスト✖工作実験室』

日時:2019年7月28日(日)14:00~15:30

講師:廣中薫(イラストレーター・画家/神戸芸術工科大学)

場所:BBプラザ美術館

定員:20名(対象:小学生)

参加費:500円

事前申込:締め切り2019年7月15日(月・祝)

―――――――――----------

申込方法

参加者氏名(ふりがな)、年齢(学年)、郵便番号、住所、電話番号を明記の上、下記アドレスへメールにて申込下さい。

BBプラザ美術館ワークショップ係:bbp_museum@shimabun.co.jp

※応募者多数の場合は抽選を行い、当落に関わらずご連絡いたします。
その他 対談『灘本さんの時代と人と作品と』

大迫修三氏(グラフィックデザイナー・元クリエイションギャラリーG8ディレクター)

×

山崎杉夫氏(イラストレーター)

[灘本さんと親交の深かったお二人に、戦後の日本デザインの歴史と灘本さんの足跡を重ねながらお話しをして頂きます。
また、灘本さんのプライベートな写真や2019年7月20日 – 7月31日に青山の山陽堂で開かれた「灘本唯人展」の様子をご紹介いただきます。]

日時:2019年8月25日(日)14:00~15:30

場所:BBプラザ 13階会議室

定員:約100名 申込不要・聴講無料