展示案内

ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』とビート・ジェネレーション 書物からみるカウンターカルチャーの系譜

アメリカ・マサチューセッツ州ローウェルに生まれたジャック・ケルアック(1922-1969)は、1947年よりヒッチハイクで代表小説『On the Road(オン・ザ・ロード)』のもととなるアメリカ大陸横断の旅を始めました。1957年に同小説が出版されると、多くの愛読者と熱狂的な信奉者を生み、文学の枠を超え、映画や音楽などさまざまなカルチャーに多大な影響を与えました。
本展では、ジャック・ケルアックとその周辺のビート・ジェネレーションと呼ばれる作家たちに焦点を当て、ケルアックの全著書の初版本やビート作家たちの旧蔵本、日本のカウンターカルチャー黎明期のミニコミ誌まで、初公開の資料を含む300余点を出品し、その魅力に迫ります。
展示は4つのセクションに分類し、1:ジャック・ケルアックの全著作の初版本及び資料、2:ビート・ジェネレーション作家の稀覯本、3:シティライツ書店とリトルマガジン、4:ゲーリー・スナイダーと日本のビート・ジェネレーション、の順に紹介します。
また、本展では、ケルアック エステートとジム・アーセー コレクションの協力を得て、ジャック・ケルアックがタイプライターで21日間打ち続けて書き上げたといわれる『On the Road』のスクロール原稿(全⾧約36m)を印刷再現し、公開します。

 

ジャック・ ケルアック(1922-1969/ 小説家・詩人)

アメリカ・マサチューセッツ州生まれ。コロンビア大学で、後にビート・ジェネレーションと呼ばれる作家仲間、アレン・ギンズバーグやウィリアム・バロウズらに出会う。
主な著書に『地下街の人びと』(1958)、『ザ・ダルマ・バムズ』(1958)、『荒涼天使たち』(1965)、そして短編集『孤独な旅人』(1960)などがある。
ボブ・ディランやデヴィッド・ボウイ、ブルース・スプリングスティーンといったミュージシャンやヴィム・ヴェンダース、ジム・ジャームッシュといったロードムービーを語る上では欠かせない映画監督にも影響を与えた。

 

On the Road (オン・ザ・ロード)』(1957)

ケルアックの代表作『On the Road 』は、語り手 サル・パラダイスの心眼を通して、第二次世界大戦後のアメリカを生きる人々の姿が雄大な風景に彩られながら映し出されている。与えられた人生を人々はどのように生きているのか。サルは、路上で遭遇する人々や出来事の繋がりに想いを巡らせながら、常にホーボー(渡り労働者)のような放浪者たちに魅了される。サルが出会う「いかれた」連中は、自由なモダンジャズに魂を震わせ、夜のローマ花火のように炸裂する。そんな連中を彼は追い求めていくのである。

 

本展覧会のInstagramページを開設いたしました。
https://www.instagram.com/kerouac_bbplazakobe/

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、展示内容や予定を変更する場合がございます。
最新情報は当館ホームページまたはお電話にてお問合せください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Jack Kerouac (1922-1969), a Beat Generation novelist and poet who had a major influence on American culture and counterculture after World War II, is most famous for his novel On the Road. The exhibition explores Kerouac’s literary innovation, his position in the Beat Generation, and their cultural influence.
Jack Kerouac was born into a French-Canadian immigrant family in Lowell, Massachusetts, USA. In 1947, he began a hitchhiking trip across America, the basis of his novel On the Road. When the novel was published in 1957, it generated many young readers and enthusiastic followers, making Kerouac famous.
This exhibition presents a high-quality facsimile of Kerouac’s typescript that he made by typing on long sheets of paper for 21 days in April, 1951, resulting in a 36-meter long typescript that he rolled into a scroll.
Also, visitors will see vintage typewriters, rare photographs, and, with the cooperation of Mr. Kazuhiro Yamaji, owner of Flying Books in Tokyo, Kerouac’s first editions, Kerouac’s signature, and altogether more than three hundred Beat Generation items. Books and other printed materials will be displayed in 4 sections. 1: First editions of all titles by Jack Kerouac, 2: Rare first editions by Beat Generation writers, 3: City Lights Books and little magazines, 4: Gary Snyder and Japanese Beat Generation writers. With these related materials, visitors will grasp the value of Kerouac’s achievement and recognize the Beat Generation’s ongoing cultural relevance.

 

Jack Kerouac (1922-1969/Novelist, Poet)

Born in Massachusetts, USA. At Columbia University he met fellow artists Allen Ginsberg and William Burroughs who came to be called the Beat Generation writers. Kerouac’s major books include The Subterraneans (1958), The Dharma Bums (1958), Desolation Angels (1965) and collected stories Lonesome Traveler (1960). In addition to musicians such as Bob Dylan, David Bowie, and Bruce Springsteen, Kerouac also influenced film directors such as Wim Wenders and Jim Jarmusch, who created their own road movies.

 

On the Road (1957)
Kerouac’s masterpiece illuminates the lives of people who lived in America after World War II. Sal Paradise, the narrator, travels through the magnificent American landscape and meditates on the connections between people and events he encounters on the road. How do people live their lives? Sal also is fascinated by wandering figures such as hoboes and pursues those who “burn like fabulous Roman candles,” while stimulated by the spontaneity of modern jazz.

 

We have opened the Instagram page for this exhibition.
https://www.instagram.com/kerouac_bbplazakobe/

 

※To prevent spread of the new coronavirus infection, the exhibits and schedule are subject to change.
Please check our website for the latest information or contact us by phone.

会期 2021/07/03(土) ~ 2021/08/08(日)
開場時間・休館日 ■開館時間:10:00-18:00(入館は17:30 まで)

7 月3 日(土)13:00 より開館

■休館日:月曜日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■Hours:10:00 -18:00Last entry 17:30

July 3 (Sat): Open 13:00

■Closed:Mondays
入館料 ■一般 500(400)円 / 大学生以下無料

※ 65歳以上の方、障がいのある方とその付添いの方1名は半額

※( )内は20名以上の団体料金

※ 7月7日(水)、8月6日(金)は入館無料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■General 500 yen/Group fee 400 yen each for 20 people or more/Free for Students and younger

Half price for seniors(ages 65 and over) and visitors with disability (and their one attendant)

Free admission days/ July 7 (Wed)August 6 (Fri)
開催者 ■主催:公立大学法人神戸市外国語大学 / BBプラザ美術館

■監修:マシュー・セアドー(神戸市外国語大学 英米学科教授・ケルアック研究者) / 山路和広(Flying Books 店主・アーキビスト)

■特別協力:ケルアック エステート / ジム・アーセー コレクション / リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社

■協力:Storage Books/花森書林/元町映画館

■後援:駐大阪・神戸米国総領事館 / 日本アメリカ文学会関西支部 / 神戸市 / 神戸市教育委員会 / 朝日新聞神戸総局 / 神戸新聞社 / 産経新聞神戸総局 / 毎日新聞神戸支局 / 読売新聞神戸支局 / サンテレビジョン / ラジオ関西

■助成:公益財団法人神戸文化支援基金

■図録制作:株式会社トゥーヴァージンズ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■Organizers: Kobe City University of Foreign Studies, BB Plaza Museum of Art

■Supervisors: Matthew TheadoProfessor, Department of English and American Studies, Kobe City University of Foreign StudiesKerouac Scholar )

Kazuhiro YamajiOwner of Flying BooksArchivist

■Special support by: Jack Kerouac Estate, Jim Irsay Collection,Levi Strauss Japan & Co.

■Support by: Storage Books, Hanamori-shorin, Motomachi Movie Theater

■Sponsors: U.S. Consulate General Osaka-Kobe, The Kansai American Literature Society, KobeCity, Kobe City Board of Education, Asahi Shimbun Kobe General Bureau, The Kobe Shimbun, The Sankei Shimbun Kobe General Bureau, The Mainichi Shimbun Kobe Branch, The Yomiuri Shimbun Kobe Branch, Sun Television, Radio Kansai

■Grant: Public Interest Foundation Incorporated - Kobe Culture Support Foundation

■Museum catalogue production: Two Virgins Co., Ltd
関連プログラム・
イベント
◆ギャラリートークシリーズ「『オン・ザ・ロード』を知ろう!」

第1回  7月3日[土] ケルアックとタイプライター (アーカイブ版)※https://youtu.be/1oA84D1rfPU

第2回  7月10日[土]『オン・ザ・ロード』と映画 (アーカイブ版) ※https://youtu.be/WmGqGvUc9J4

第3回  7月24日[土] タイプライターの歴史    https://youtu.be/rPjfBVPIu2Q

第4回  7月31日[土] 女性とタイプライター    https://youtu.be/LkeVyJ3fg-g

第5回  8月7日 [土] 『オン・ザ・ロード』の中の女性たち    https://youtu.be/vP5dgBTn_mE

講師|マシュー・セアドー  時間14:00-15:00(全回)

会場|BBプラザ美術館展示室 参加無料(※要観覧券)先着15名 通訳付

参加ご希望の方には、各回13:00より受付にて整理券を配布いたします。

※オンラインでも同時配信予定(上記URLからライブ配信がご覧になれない際は以下のURLからアクセス下さい) https://www.youtube.com/channel/UCflKot_2T_I-sMTZtkK_q0g

 

◆ギャラリートーク「書物でたどる旅、ケルアックと仲間たち」

日程|7 月3 日[土] 15:30-16:30

講師|山路和広

会場|BBプラザ美術館展示室 参加無料(※要観覧券)先着15名

参加ご希望の方には、13:00より受付にて整理券を配布いたします。

※オンラインでも同時配信(アーカイブ版) https://youtu.be/eiMkrOBdFXA

 

◆シンポジウム「ジャック・ケルアックの『オン・ザ・ロード』への旅」

日程|7 月17 日[土]13:00-15:00

出演|青山南(作家、翻訳家)、柴田元幸(神戸市外国語大学客員教授、東京大学名誉教授、『MONKEY』責任編集、翻訳家)、ヒラリー・ハラデイ(ビート作家研究者、前マサチューセッツ大学アメリカン・スタディーズ・ケルアック・センター所⾧*ビデオ参加)、マシュー・セアドー

会場|神戸市外国語大学またはオンライン開催 参加無料(事前予約制、先着順)

※オンラインでも同時配信予定 https://youtu.be/vf-xxmtvQEs 

--以下のウェブフォーム よりお申込みください--https://forms.gle/2yrhAM9NreEgaNQR8

※定員に達しましたのでオンラインにてご視聴ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Gallery Talk Series:  “Exploring On the Road”

July 3SatKerouac Types On The Road ( archive ) ※https://youtu.be/1oA84D1rfPU

July 10 (SatOn the Road and the Movies ※https://youtu.be/WmGqGvUc9J4

July 24 (Sat)  History of Typewriters  https://youtu.be/rPjfBVPIu2Q  

July 31 (SatWomen and Typewriters   https://youtu.be/LkeVyJ3fg-g 

August 7 (SatWomen in On the Road   https://youtu.be/vP5dgBTn_mE 

Presenter: Matthew Theado  Time: 14:00-15:00(①-⑤)

Venue: BB Plaza Museum of Art, Exhibition Room/Free admission*Gallery ticket required/ First 15 people/Japanese and English 

Numbered tickets will be distributed at the reception from 13:00.

Will also be broadcast live via YouTube (If you cannot see the above URL, Please access from the following URL) https://www.youtube.com/channel/UCflKot_2T_I-sMTZtkK_q0g

 

Gallery Talk: “Kerouac & Friends, On the Road through the books”

Presenter: Kazuhiro Yamaji

Date & Time: July 3Sat15:30-16:30

Venue: BB Plaza museum of Art, Exhibition Room/Free admission *Gallery ticket required/ First 15 people

Numbered tickets will be distributed at the reception from 13:00.

Will also be broadcast live via YouTube ( archive )  https://youtu.be/eiMkrOBdFXA

 

Symposium: “Jack Kerouac’s On the Road Trip”

Date & Time: July 17Sat13:00-15:00

Venue: Kobe City University of Foreign Studies or Online/Free admission(Advance reservation system)

Speakers: Minami Aoyama (Writer, translator)

Motoyuki Shibata (Visiting Professor at Kobe City University of Foreign Studies, Professor Emeritus at the University of Tokyo, editor of MONKEY, translator)

Hilary Holladay (Beat Studies scholar, former director of the Kerouac Center for American Studies at the University of Massachusetts, Lowell; author of American Hipster:  A Life of Herbert Huncke, and editor of What's Your Road, Man?: Critical Essays on Jack Kerouac's On the Road) *Presentation via video

Matthew Theado

Audience limited to first 100. Please follow this link to apply  https://forms.gle/2yrhAM9NreEgaNQR8

※ Please watch online because the capacity has been reached.

※Symposium will also be broadcast live via YouTube  https://youtu.be/vf-xxmtvQEs
その他 ◆映画「ジャック・ケルアック キング・オブ・ザ・ビート」ほか

上映期間:7月17日(土)ー 7月23日(金)

場    所:元町映画館  (神戸市中央区元町通4-1-12 )

料    金:一般 1,500円

◆映画公開トークイベント ※当日映画をご鑑賞の方は参加無料

7月17日(土)ケルアックと同時代のアメリカ文学/ゲスト:柴田元幸氏

7月18日(日)ケルアックは大の映画好きだった/ゲスト:青山南氏*オンライン開催

詳しくはWEBサイトをご覧ください。http://www.motoei.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Film: “Jack Kerouac, King of the Beats,” etc.

Period: July 17 (Sat) – July 23 (Fri)

Venue: Motomachi Movie Theater, 4-1-12 Motomachi-dori, Chuo-ku, Kobe

Tickets: General 1,700yen

Talk by Minami Aoyama and Motoyuki Shibata will be held during movie showing period.

See the website for details. http://www.motoei.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆神戸市外国語大学魅力発信事業 公開講演会

わたしたちの「オン・ザ・ロード」―旅から生まれるストーリー―

1.「音楽が世界を結ぶ:旅する北欧・バルトの夏至」

小巖仰(Harmony Fields 北欧音楽プロデューサー)

6月26日(土)14:00~15:30

2.「ビート・ジェネレーション 書物からみるカウンターカルチャーの系譜」

山路和広(Flying Books店主・アーキビスト)

7月4日(日)14:00~15:30

3.「旅する物語―対話することばと絵-」

柴田元幸(翻訳家・本学客員教授)

きたむらさとし(絵本作家・本学客員教授)

7月18日(日)14:00~15:30

4.「ポエトリーリーディング Session  vol.1:Beat Goes On East &West」

8月1日(日)14:00~15:30

【神戸会場】

タカツキ(ウッドベース、ラップ)

辺口芳典 (写真家・詩人)

Kawole (歌手・カーハ奏者)

神戸市外国語大学・学生(公募。自作朗読)

【東京会場】

さいとういんこ(詩人)

新納新之助(詩人・空師)

企画・司会:山路和広

 

※いずれもオンラインで実施(事前申し込み制・各回ごとにご参加いただけます)。下記よりお申し込みください。https://forms.gle/v6qp82QEPRLhMma5A